菓子職人オンラインショップ

菓子職人 抹茶トリュフ

菓子職人 抹茶トリュフ

【11月~3月 期間限定】
お口に含むだけで「すぅー」と溶ける
菓子職人抹茶トリュフ

菓子職人抹茶トリュフ

菓子職人抹茶トリュフは、お口に含むだけで「すぅー」と溶けます。
その瞬間の感動のために、丹精込めて作り上げた自慢の抹茶トリュフをどうぞご賞味下さいませ。

菓子職人抹茶トリュフ 
美味しさのヒミツ

  • 京都の老舗「一保堂」の碾きたての抹茶を使用

    何と言っても、お口に広がる香り豊かな抹茶。抹茶は、京都の老舗「一保堂茶舗」の抹茶を使用しています。そしてホワイトチョコは、スイスアルペンミルクを100%使用した、スイストップメーカーの「カルマ社」のホワイトチョコレートを使用。その上品な味わいは抹茶を最大限にひきたてる名脇役なのです。そして生クリームは、タカナシ特選・北海道47%の高脂肪を使用。そのコクと芳醇な風味は、北海道の大自然の中で育った牛だからこそ生まれます。その他、卵黄、そしてチェリーボンボンを漬け込んだときのブランデーこそが隠し味。そのようなフレッシュな素材を使用しているので、結局お日持ちがしない訳なのです。

  • デリケートな配合

    抹茶トリュフは、気温に非常にデリケート。 それ故に、実は発売開始の11月と寒中の1〜2月では、抹茶トリュフの配合は違えています。 常になめらかで口溶けの良い味わいになる様に、バランスを考えているのです。 一言で冬期と言ってもホワイトチョコの配合は最終的には12%程変わり、その気温に合わせて常に配合が変化しています。 もう少し長い期間販売してほしいとお声を聞きますが、このデリケートな配合こそが抹茶トリュフの美味しさのひとつといえるでしょう。

  • 決して手間を惜しみません

    菓子職人では、ガナッシュを作る際に1分間に1500回転するロボクープ(スピードカッター)を使用して、アングレーズ(生クリームと卵黄、砂糖類などを合わせたもの)と抹茶とホワイトチョコレートで作ります。さらに、ロボクープに真空ポンプをつないで、高速回転させ、内部を真空にすることにより、低温で再び沸騰させ殺菌することができます。そうしてできたガナッシュは香り高く、口どけもよく、雑菌数も非常に少ないものとなります。トレーに流し、一晩冷蔵庫でねかせ、品質を安定させます。次の丸め作業でもレオン社の自動包あん機にて、短時間で温度変化なしに衛生的に一粒一粒、丸められます。そうして丸めた抹茶ガナッシュにほんの少量のホワイトチョコをつけ、抹茶をまぶしていきます。これこそが口に含んだ瞬間の口溶けの良さにつながるのです。

菓子職人抹茶トリュフ